Home > > アリス

梅シロップ 梅シロップ 梅酒 & 梅シロップ 梅酒 梅酒 南高梅 梅シロップ 梅シロップ 南高梅

アリス

2011-07-13 (水) 0:04 | |

やっと、読み終えた。

有栖川有栖 著『長い廊下のある家』

4話からなる短編集。

①『長い廊下のある家』
②『雪と金婚式』
③『天空の眼』
④『ロジカル・デスゲーム』

どれも、臨床犯罪学者・火村英生の作品。



この有栖川サンの作品には、学生時代のアリス編と、作家時代のアリス編があります。
(この2シリーズ以外の作品もありますよ)

学生アリスには英都大学推理小説研究会の部長・江神二郎が、作家アリスには臨床犯罪学者・火村英生がそれぞれホームズ役として描かれています。
もちろんアリスはワトソン役風であるが・・・。

学生アリスは、“クローズド・サークル”・・・いわゆる密室状態?とでも言うのでしょうか、「外界との往来が断たれた状況」での事件が描かれ、
作家アリスは・・・色々描かれています(笑)

ボクは、学生アリスが好きです。

[本日の歩数:13034歩]

コメント:2

KV62 11-07-13 (水) 16:25

推理小説お好きなんですね〜♪ 小説は、読まないのですが、推理映画とか…結構好きです♪ 金田一シリーズなんて、何べん見た事か…?!(笑)

Shim-ken 11-07-13 (水) 21:24

推理小説好きです・・・と、言うか、小説は推理モノしか読まないです!
それも決まった作家だけです。。。
金田一も読みましたよ。
ボクは映像からの影響で読み始める事が多いですが、まさに横溝正史がそれに当たります。
有栖もそうです。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://shim-ken.com/20110713_366.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
アリス from しむケン.com

Home > > アリス

検索
フィード
メタ情報

Return to page top