Home > アーカイブ > 2012-01

梅シロップ 梅シロップ 梅酒 & 梅シロップ 梅酒 梅酒 南高梅 梅シロップ 梅シロップ 南高梅

2012-01 に書かれた記事一覧

サクラ

春が近くまで来ていました。

桜が咲き始めました!!

まだ、沖縄の北部だけですが・・・。


徐々に南下して来ます。。。

そうです!沖縄の桜は南下するのです!!
(何回も書いていますね・・・汗)

那覇で咲くのはいつ頃でしょう!?


石焼ビビンバ 『カフェレストラン 長楽』

長楽でこれを頼むのは初めて。。。

寒かったし、“むじ汁定食”も考えたけど、

今日はお初のにしてやった。

ちゃんとおコゲも出来てたし、
コチジャン?を入れたらさらにイイ味になりました!!



・・・たんかん酒の果皮を取り出しました。3ヶ月後が楽しみ・・・。

果実酒 第6弾

冬の果物『たんかん』を漬けました。

第6弾です。。。

北部で買ってきました。

果皮はかなりボコボコしてますねぇ・・・。


たんかん          :5ヶ
氷砂糖            :70gくらい
ホワイトリカー(焼酎甲類):900mL

①たんかんをキレイに洗って、水気を取る
②たんかんの皮を剝く
③皮(適当:今回は2ヶ分)と実を瓶に入れる
です。



通常?1~2週間したら皮は取り出します。
が、来週は遠出してしまうので、今回は4~5日で取り出します。

それから・・・3ヶ月待ちましょう。

巴之丞鹿の子

  • 2012-01-09 (月)

猿若町捕物帖シリーズの第1作目。

近藤史恵 著『猿若町捕物帖 巴之丞鹿の子』



殺された女が皆、人気歌舞伎役者の名が付いた“帯揚げ”「巴之丞鹿の子」をしていたことを不審に思った南町奉行所同心、玉島千蔭。
調べが進むなか新たな被害者が・・・。

江戸情緒溢れる時代劇?ミステリーです。。。

にわか大根

  • 2012-01-09 (月)

先月、読み終わっていた本

近藤史恵 著『猿若町捕物帖 にわか大根』



上方から戻った人気女形が突然大根役者に!
その息子が不審な死を遂げる・・・。

男前だが女心には疎い南町奉行所の同心、玉島千蔭の名推理が冴える!!

この本、3話からなる短編集です。
実は、この本の前に『巴之丞鹿の子』『ほおずき地獄』なる2冊が存在します。
そちらを先に読まないと、登場人物の関係が少し分かり辛い!!

ので、次は『巴之丞鹿の子』を読みます。

Page 1 of 212»

Home > アーカイブ > 2012-01

検索
フィード
メタ情報

Return to page top