Home >

パッションフルーツ サントリー 果実酒用のブランデー パッションフルーツ すもも すもも 怪しい店 日向夏 日向夏 胡蝶殺し

「本」 カテゴリーの記事一覧

巴之丞鹿の子

  • 2012-01-09 (月)

猿若町捕物帖シリーズの第1作目。

近藤史恵 著『猿若町捕物帖 巴之丞鹿の子』



殺された女が皆、人気歌舞伎役者の名が付いた“帯揚げ”「巴之丞鹿の子」をしていたことを不審に思った南町奉行所同心、玉島千蔭。
調べが進むなか新たな被害者が・・・。

江戸情緒溢れる時代劇?ミステリーです。。。

にわか大根

  • 2012-01-09 (月)

先月、読み終わっていた本

近藤史恵 著『猿若町捕物帖 にわか大根』



上方から戻った人気女形が突然大根役者に!
その息子が不審な死を遂げる・・・。

男前だが女心には疎い南町奉行所の同心、玉島千蔭の名推理が冴える!!

この本、3話からなる短編集です。
実は、この本の前に『巴之丞鹿の子』『ほおずき地獄』なる2冊が存在します。
そちらを先に読まないと、登場人物の関係が少し分かり辛い!!

ので、次は『巴之丞鹿の子』を読みます。

アネモネ探偵団2

  • 2011-10-03 (月)

近藤史恵 著『アネモネ探偵団2 迷宮ホテルへようこそ』

お嬢様学校に通う、智秋、巴、あけび。

智秋のお母さんは、有名女優。
巴のお父さんは、警視総監。
あけびのお父さんは、有名な賞を取った科学者。

あけびのお父さんに脅迫状が届きます。

「あなたが今やっている研究を、すぐに中断しなさい。
言うとおりにしなければ、不幸が襲いかかる」と・・・。



森小路ホテルの新しい宿泊プランのモニターに招待された、あけび、智秋、巴の3人。

そこで起きた事件とは・・・?

アネモネ探偵団

  • 2011-09-05 (月)

近藤史恵 著『アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎』

題名の“アネモネ”は、話には何の関係もありません。

主人公の美少女中学生の通う学校の校庭に咲いている・・・と、言うだけです。

でも、“ミルクティー”は鍵です!?



大阪時代に、通勤時に沢山読めたので、家では小説を読みませんでした。
(例外はありますよ。残り数ページの時は、家で読み終えてました。)

沖縄での通勤は徒歩ですから、読む機会が減っています。

でも
この人の作品は、スラっと読めてイイです。。。
前の作品を読み終えてから、2週間と経っていない。。。
最近では、珍しく早かったなぁ~。

まぁ今日は読む機会が沢山あったと言うコトなのですが・・・健康診断の待ち時間で・・・。

モップの精

  • 2011-08-23 (火)

今日読み終わりました。

近藤史恵 著『モップの精と二匹のアルマジロ』



清掃作業員で名探偵のキリコの4冊目。
で、初の長編。

地味な妻と、目が覚めるほど美形の夫。
ある日キリコはは見知らぬ女性から「夫の浮気を調べて欲しい」と・・・。
が、思いがけない事故が発生し、夫が記憶を喪失。。。

Page 5 of 7« First...«34567»

ホーム >

検索
フィード
メタ情報

Return to page top